2014年4月28日月曜日

体力向上で平田のデイサービスセンターに機能訓練室、鈴木ヘルスケアサービス

 介護サービス業の鈴木ヘルスケアサービス(本社・彦根市後三条町)は、平田町の「デイサービスセンターべるふらっと」に機能訓練室を増設。5月1日のオープンに向けて見学会を行っている。
 同社は平成12年4月から訪問介護・居宅介護支援などのサービスをしており、平田町の施設はその翌年に約200平方㍍に開設。利用者の体力向上や転倒予防などの運動療法を提供するため、約113平方㍍の訓練室を新設した。
 訓練室には全体の筋力が鍛えられる6種類のトレーニングマシーンとバイク2台のほか、ノルウェーで開発されて世界各国でリハビリ時に行われている運動療法「レッドコードセラピー」を導入。200㌔の重さに耐えられるという赤いロープを天井からつるし、利用者はそれを持ちながらストレッチや筋力トレーニングを行う。布団に似せた柔らかいマットを使っての転倒防止の訓練もできる。
 同社には理学療法士が2人いるため、利用者の筋力やバランスなど日常動作の改善に向けた評価を3カ月単位で分析できる。
 鈴木則成社長は「高齢者の方の体力や動作能力を高めることができるデイサービスを目指して、機能訓練施設を設置した。高齢者の方が元気で長生きして頂ける施設にしたい」と話している。
 サービスの提供時間は通所介護が午前9時~午後5時、介護予防が午前9時半~正午と午後1時半~同4時。見学会は26日までだが、以降も随時受け付けている。問い合わせは同施設☎(24)0445へ。

0 件のコメント: