2014年4月7日月曜日

彦根市特別顧問に元三菱商事社員の市川悌二氏

 彦根市は1日、地域経済の活性化や行政改革など市政の重要課題について指導・助言を行う特別顧問に、東京都目黒区の市川悌二(ていじ)氏(68)が就いたと発表した。
 市川氏は慶応大学卒。三菱商事でイスタンブール支店長、欧州支社副支社長などを務め、平成17年に退社した後は新日本エコ・システム常務、イマ・グループ常勤顧問など歴任。現在は国際情報リサーチ研究所非常勤顧問などを務めている。
 地方自治体の特別顧問に就任するのは初めてだという。都内に住みながら、彦根市に週3日ペースで通い、近く設立の彦根市経済活性化委員会(仮称)で委員か事務局の立場から助言する。非常勤の特別職として任期は1年だが、延長の場合もある。日割り2万4000円プラス交通・宿泊費。

0 件のコメント: