2015年3月25日水曜日

観光施設で観光情報閲覧、びわ湖Free Wi―Fi彦根が最初に導入

 観光施設でインターネットを使って容易に情報収集ができるよう、彦根市は20日から市内4カ所で公衆Wi―Fiサービス「びわ湖Free Wi―Fi」の運用を県内で初めて開始した。
 県内を訪れる観光客らの利便性を向上させるため、彦根、長浜、大津、近江八幡の4市は昨年12月に「びわ湖Free Wi―Fi4市推進協議会」を設立し、サービスの仕様や連携体制を協議。一足早く彦根でサービスを開始することにした。
 提供場所は彦根市観光案内所、彦根観光センター、彦根城天守閣事務所、ひこね街なかプラザの半径30㍍以内。各所にはステッカー=写真=が貼られている。例えば、天守閣事務所でインターネットに接続すると、自動的に「彦根城のご案内」ページに移るなど、場所ごとにさまざまな観光情報が閲覧できる。接続料は無料だが、1利用者あたり1回につき15分、1日4回まで。メール送信による認証方式。
 今後、ほかの3市でも平成27年度に運用が始まる予定で、利用者が各市で一度登録しておけば、ほかの市でも観光情報が閲覧できる。

0 件のコメント: