2015年3月9日月曜日

Too Many Rulesのれいりー・ぱるぴんデビューへ「紅白出場目指す」

 彦根市内の事務所に所属し間もなく高校生になる女子2人組のユニット「Too Many Rules」が今月末にCDデビューを果たす。先月末にはビバシティ彦根で歌を初披露した。
 2人はいずれも4月に滋賀県内の高校に進学する「れいりー」さん(15)と「ぱるぴん」さん(15)。れいりーさんはすでにテレビのドラマや教育番組などにも出演しているが、以前から歌手志望だったため、同じ学校に通う親友のぱるぴんさんに声をかけ、今年2月3日にユニットを結成した。
 れいりーさんが今年1月4日に、アニメ・おぼっちゃまくんの主題歌などで知られるロックバンド・元いんぐりもんぐりのボーカル・永島浩之さん宛てに「(同バンドのデビュー曲)『女子高生』をアレンジして歌ってみたい」とメールで送ったところ、その3日後に直接連絡がきて曲作りがスタート。先月中旬、Too Many Rulesのデビュー曲「女子高生2015」が完成した。
出演依頼受付中
 2人は「アイドルとお笑い芸人の間に入っていきたい」と話している通り、歌の合間には女子高生同士の普段の会話を漫才風に取り入れている。また今年の年末の紅白歌合戦への出場を本気で狙っているといい、「まずは(テレビ番組の)ミュージックステーションに出たい。『一発屋』でもいいので、女子高生がネタにしてくれて、みんなの記憶に残るようなユニットになりたい」と笑顔で話していた。
 CDは「女子高生2015」のほか、れいりーさんのソロ「メイビーアイラブユー」を収め、今月29日に発売する予定。イベントなどでの出演依頼も受け付けている。問い合わせはイベント企画会社・工房JINTA(小泉町)内の専属事務所「Vacation」☎(23)0082。

0 件のコメント: