2015年3月31日火曜日

彦根城内堀沿いに花見ぼんぼり設置 桜まつり開幕へ

 彦根城桜まつりが4月1日から彦根城内で始まる。26日には内堀沿いに花見ぼんぼりが設置された。桜まつりは毎年、花見のシーズンに開催されており、玄宮園前から大手門橋、京橋一帯で夜間(午後6時~同9時)に桜がライトアップされる。20日までの予定だが、桜の開花状況によっては変更もある。
 27日に設置されたぼんぼりは、高さ約2・8㍍の20本が表門橋から金亀児童公園前まで設置。高さ60㌢の10本が金亀児童公園の桜の木につるされた。桜まつり期間中に点灯する。
 また5月6日までは金亀児童公園内の特設テントで、弁当や近江牛、湖魚のつくだ煮、地酒、ひこにゃんグッズなどの特産品が販売される「ご城下にぎわい市」が開かれている。午前9時~午後5時。
 彦根城の内堀で屋形船を運航しているNPO法人小江戸彦根は、桜の開花に応じて増便や夜間運航を行う。
 通常は平日が1日6便、土日祝日が7便だが、4月4日~20日は増便し、午後6時半~と同7時半~夜間運航も行う。桜まつり期間中の料金は中学生以上1500円、4歳~小学生700円、3歳以下無料。
 問い合わせは小江戸彦根☎080(1461)4123。

0 件のコメント: