2010年4月23日金曜日

多賀まつり盛大に、雨の中 観客5000人 馬頭人は山口甚五郎さん務める

 多賀大社で22日、多賀まつりが営まれた。終日、雨が降る中だったが、大社周辺には約5000人が訪れた。
 まつりは午前8時半~の本殿祭を最初に始まり、御使殿は藤川慧君(15)=多賀町、馬頭人は山甚建設代表取締役(高宮町)の山口甚五郎さん(63)=甲良町=が務めた。
 夕方には、約500人の行列が打篭馬場(尼子)から多賀大社へ戻る「本渡り」が行われ、見物客は傘を差しながら、行列を見守った。
 多賀町のマスコットキャラクター「たがゆいちゃん」の着ぐるみも、この日初デビューを果たし、登場した大社正門前は、たがゆいちゃんを写真に収めたりする人で賑わっていた。

0 件のコメント: