2010年5月11日火曜日

人生訓、教育・子育て論のエッセー発刊、元校長ら4人グループ「寺子屋まなざし童心塾」

 愛知中学校教諭・田中幹雄さん(45)=彦根市野良田町=ら教育関係者4人グループの「寺子屋まなざし童心塾」が、エッセー集「笑顔は善の波動だ」を発刊した。
 同塾は仏教の世界観に基づく人生訓や教育・子育て論を、25年間にわたって発信し続けている。メンバーは田中さんのほか▽元北大路中学校長・廣瀬法麿さん(66)=長浜市▽元双葉中学校長・細井俊司さん(63)=米原市▽浅井中学校教諭・須戸由廣さん(51)=同。
 双葉中に勤務していた廣瀬さん、細井さん、須戸さんが教育をテーマにした勉強会を開いたのをきっかけに、昭和60年からメンバーのエッセーを掲載した冊子「まなざし」を創刊。後に田中さんも加わった。平成10年に塾を立ち上げ、現在は会員約500人に向け、毎月1回発行している。
 創刊25年、300号を迎えたのを記念し、4人がこれまでに執筆したエッセーから、それぞれ約20本を選び掲載した。廣瀬さんは「人生には辛いこと、苦しいことがあるが、明るく楽しく前向きに生きようというメッセージを込めた」と話している。
 A5判211ページ。1000部を発行し、希望者には1000円で販売。問い合わせは廣瀬さん℡0749(64)3525へ。

0 件のコメント: