2010年5月25日火曜日

よさこいソーラン日本海 彦根三十五万石大会 風雨の中41団体・2000人が演舞

 YOSAKOIソーラン日本海 彦根三十五万石大会が23日、彦根城大手前公園とベルロードで開かれ、風雨の中、県内と北陸地方の延べ41団体(1団体不出場)・約2000人が華麗な演舞を披露した。
 これまでは「彦根よさこい春の舞」として開催していたが、4回目の今年からはYOSAKOIソーラン日本海滋賀支部などが主催し、北海道で行われる全国大会に向けた初の関西大会となった。
 ベルロード会場では、通行止めされた車道を舞台に各組2回ずつ登場。時より強くなる風雨の中、そろいの衣装を身に着けたメンバーたちが、ずぶ濡れになりながらも、軽快な音楽に合わせて息の合った踊りを披露。
 演舞ごとに、沿道の観客からは大きな声援と拍手が沸き起こっていた。

0 件のコメント: