2010年5月22日土曜日

堀尾貞治さん・古いTシャツにペインティングイベント 鳥居本駅舎で、宮原勇作さん無人駅舎ギャラリー化計画第4弾

 世界各国で活躍する現代美術のアーティスト・堀尾貞治さん(71)=写真、主催者提供=が、古いTシャツにペインティングをするイベントが29日に彦根市の鳥居本駅で催される。また同駅では6月5日まで5人の芸術家による作品展も開かれる。
 鳥居本の若手画家・宮原勇作さん(31)が、無人駅舎・鳥居本駅を盛り上げようと平成19年から開いている無人駅舎ギャラリー化計画の第4弾。堀尾さんは戦後の美術界をリードした具体美術協会の元会員で、全国各地で展示会やイベントを開いているほか、アジアやヨーロッパでも活躍している。
 鳥居本駅では、いらなくなったTシャツに堀尾さんが持ち主を見て直感でペインティングをする。一人2分以内の制作時間で、135人限定。制作後の午後5時ごろ~はTシャツを着ての写真撮影会も。料金は大人1000円、小学生以下500円。申し込みは宮原さん℡090(4272)3079へ。当日持参や来場できない人も受け付け可。
彦根の芸術家作品展も
29日~6月5日
 作品展の出展者は、宮原さん、坂本実十里(みどり)さん(44)=鳥居本、孕(はらみ)石和子さん(50)=彦根、上木淳吉さん(67)=彦根、坂本昌也さん(81)=鳥居本。開館は午前10時~午後6時(最終日は同5時)。入場無料。

0 件のコメント: