2010年6月29日火曜日

彦根港で船舶・水難事故の対策訓練、青バイも初登場

 本格的な夏を前に彦根港一帯で26日、船舶・水難事故の対応訓練が開かれ、今年から琵琶湖に配置された救助用の水上バイク「青バイ」も初登場した。
 訓練には彦根地方水上安全協会、彦根署、琵琶湖アクアラング救助隊、オーミマリン彦根港支店など14団体から47人が参加。観光船とモーターボートが衝突・炎上した際の人命救助と放水、プレジャーボートから水中に転落した人を青バイで救助する訓練を行った。
 青バイは、パトロールや救助に適したスピーカーや救命用担架を装備した水上オートバイで青色の点滅灯を備えている。水上オートバイのマナー向上活動をしているNPO法人パーソナルウォータークラフト(PW)安全協会が日本財団の助成を受けて同協会琵琶湖支部に1艇(全長3・37㍍×全幅1・23㍍)を配備。今回の訓練で初披露した。

0 件のコメント: