2010年7月10日土曜日

参院選・滋賀県知事選 あす投票 きょう最後の訴え、陣営幹部に聞く

 参院選と滋賀県知事選は、いよいよあす11日、投票日を迎える。
 参院選滋賀選挙区(改選数1)には、自民新人の武村展英(のぶひで)候補(38)、無所属で新人の小西理候補(51)、民主現職の林久美子候補(37)、共産新人の川内卓(たかし)候補(54)が出馬。知事選には現職の嘉田由紀子候補(60)、新人の丸岡英明候補(61)、新人の上野賢一郎候補(44)が出馬している。各候補の陣営幹部に選挙戦を振り返っての感想を聞いた。
 ◆参院選◆
 【武村陣営】選対本部広報局長・武藤貴也さん「出馬表明が公示間近だったため、厳しい選挙戦になっているが、日に日に支持を伸ばしていると感じる。自民支持層はほぼ固め、無党派層や民主支持層からも支援の声を頂くようになっている」。10日は大津、草津で重点的に訴える。
 【小西陣営】選挙期間中、フィリピンでNPOの活動。10日(午前8時~午後8時)に県護国神社(彦根市尾末町)で県民の意見を聞く。
 【林陣営】事務長・出原逸三さん(県議)「各支部の国会議員と、6年間の実績を訴え、県民に浸透したという手応えを感じる。しかし最後まで気を緩めることはせず、勝利のテープを切れるように全力でがんばりたい」。9日に2区と4区の一部、10日に1区と3区を回り、最後は4区の地元で打ち上げをする。
 【川内陣営】選対本部長・奥谷和美さん「消費税増税が最大の争点と位置づけて反対姿勢を訴えた。増税をやめてほしい、共産党に伸びてほしいという声が高まっており、手応えを感じる」。10日は大津、草津で街宣車を走らせる。

 ◆知事選◆
 【嘉田陣営】事務局長・清水鉄次さん(県議)「嘉田県政の政策に理解を示して頂いてきたと感触をつかめるようになっている。地域の方にも頑張ってもらっており、いい方向に動いているが、最後まで気を緩めず一生懸命に支援の輪を広めていきたい」。10日は大津市内を重点的に回る。
 【丸岡陣営】事務局長・今村伸治さん「高校の統廃合や消費税増税の問題を中心に訴えてきたが、理解をして頂く声も多くなっており、手応えを感じている」。10日は大津市内を中心に演説する。
 【上野陣営】事務総長・山本朋広さん(元衆院議員)は「急ピッチで戦わなければならなかったため、不利な状況だったが、市長連合など勝手連の皆さんに支えられ満足のいく選挙戦をしてきた。二大大橋無料化などを理解してもらえるよう、最後まで支援の輪を広げたい」。10日はタレントで弁護士の丸山和也参院議員が湖国入りし、草津などで訴えを広げる。

0 件のコメント: