2010年7月2日金曜日

地域医療再生へ、湖東・湖北医療圏地域医療再生計画推進協議会を設置

 湖東・湖北地域の医療再生を目指し、県や関連市町、医療機関などは「湖東・湖北医療圏地域医療再生計画推進協議会を設置。先月30日に長浜市内で最初の会議を開き、会長や年間スケジュールを確認した。
 同協議会は、県保健所、彦愛犬、長浜市、米原市、医師会、歯科医師会、病院など26団体で組織。設置期間は平成25年度までの4年間で、湖東・湖北に各部会を設けて事業を進める。最初の2年間の会長は湖北医師会会長、後の2年間を彦根医師会会長が務める。
 湖東・湖北地域の医療再生計画の主な事業と予算は、▽長浜赤十字病院の三次救急医療体制の充実=3億9000万円▽彦根市立病院の二次救急医療体制の充実=1億円▽彦根市内に休日急病診療所や訪問看護ステーションなどを連携させるための施設「湖東地域医療支援センター」を設置=3億円▽豊郷病院にリハビリ病棟30床を整備=3億円▽病院、診療所、訪問看護ステーション、薬局間の情報共有のための地域医療連携ネットワークを構築=2億3000万円―など。
 ほかに県の取り組みとして、医師不足で分べんを制限している彦根市立病院に産科医を派遣するため、滋賀医科大学で産科医を育成する大学寄付講座費として1億6600万円も予算化している。

0 件のコメント: