2010年10月6日水曜日

伊吹高校女子ホッケー部 5人が日本代表(18人)に、彦根の金藤祥子さんは3度目

 伊吹高校女子ホッケー部で彦根南中学校出身の金藤祥子さん(写真右上)=日夏町=ら5人が、18歳以下の日本代表に選ばれ、19日から始まる日韓交流試合に出場する。
 日本代表に選ばれたのは金藤さんのほか、花房愛、畑野ひかる(以上3年)、清水美並、要石里沙子(以上2年)の5人。
 そのうち金藤さんは、若葉小の低学年の時に「若葉スポーツ少年団彦根ワイルドキッズ」に入部。彦根南中でもホッケー部で活躍した。伊吹高では1年からレギュラーとなり、フォワードとしてチームのポイントゲッター的存在。昨年7月のU18アジアカップ、今年5月のユースインターナショナルでも日本代表に選ばれている。
 今回の代表には、地域、ブロック選考会などを経て、代表18人のメンバーに選ばれた。
 金藤さんは「レベルの高い国で学び、経験をものにし、フォワードとしてシュートを1本でも多く決めたい」と意気込んでいる。
 監督の樋口修教諭もコーチとして参加。大会は19日から21日まで韓国・東海市で開かれる。

 

0 件のコメント: