2012年6月29日金曜日

岩下哲士さん UCC上島達司会長と出会いの喜び絵に、双葉荘で作品展

 左半身に障害がある岩下哲士さん(43)=甲賀市=の絵画展「コーヒー物語」が、25日から彦根市松原町の「味覚の宿『双葉荘』」で始まった。
 岩下さんは1歳の時に急性小児片まひを発症し、左半身が不自由になった。8歳の時から絵を描き始め、これまでに数多くのコンクールで入賞し、各地で個展を開いている。
 5年前に高宮での蝸牛会アート展に出品するため彦根を訪れた際、双葉荘で宿泊したことを機に、昨年5月に双葉荘で初の作品展を開催。その時に来場したコーヒーメーカー・UCCホールディングス(本社・神戸市)の上島達司会長の知人に、子どもの時からUCCのコーヒーを飲んでいることを話したことから、昨年夏に上島会長が岩下さん宅を訪問。意気投合し、岩下さんが15歳の時に描き、門外不出にしていたという、UCCの空き缶とカップが描かれた絵を寄贈。この作品は現在、UCCコーヒー博物館(神戸市)に展示されている。
 作品展では上島会長と話した時の喜びを表現した自画像「コーヒーブレイク(42歳の僕がコーヒーを飲んだら・・・)」をはじめ、コーヒー豆をいくつも描いて仕上げたゴジラの絵や、UCCの製品名をナンバープレートにした車・ミニローバーなど15点を展示している。
 岩下さんはコーヒーブレイクの絵を前に「UCCの製品は大好き。コーヒーを飲んだらコーヒー色に染まった僕を見に来てほしい」と話していた。7月1日、16日などに会場に滞在予定。入場無料。開館は9月2日までの午前10時~午後4時。

0 件のコメント: