2012年11月14日水曜日

彦根城の松にこも巻き

 立冬の日の7日、彦根城内の松のこも巻きが行われた。
 城内の松を害虫被害から守るために毎年、この時期に行われており、今年は城山公園事務所と文化財課の職員計15人がいろは松の33本のほか、玄宮園、金亀児童公園、天守前広場の計約100本の幹に、縦約90㌢×横幅約1・8㍍のこもを巻いた。
 いろは松の松は樹齢約300年で、そのうち幹回りが最も太い約2・5㍍の松には2、3人がかりで作業にあたっていた。こも外しは、啓蟄(けいちつ)にあたる3月5日ごろに行われる。

0 件のコメント: