2012年11月14日水曜日

「Global Network in Shiga」の学生らランニングとサイクリングで琵琶湖一周

 滋賀県内の大学生と留学生による国際交流団体「Global Network in Shiga」(本部・滋賀大学経済学部)の学生たちがこのほど、ランニングとサイクリングで琵琶湖一周を達成した。
 同団体は国際交流を通して異文化に対する理解を深めながら、滋賀県を拠点に国際交流の輪を広げようと平成21年に滋賀大学のサークルとして設立。現在は滋賀県立大学と立命館大学(草津キャンパス)の学生を含めて、ほとんどが県外出身の20人が留学生たちとイベントやスポーツなどで交流を深めている。
 今回は新たな滋賀の魅力を留学生たちと一緒に発見しようと琵琶湖一周を企画。中国からの学生1人を含む男子学生3人がランニングで、米国と中国、マレーシアからの留学生を入れた女子学生14人が自転車で挑戦した。学生たちは一日目早朝に彦根市馬場の滋賀大学をスタートし、近江舞子で宿泊した後、二日目午後3時半ごろに滋賀大に戻って来た。
 途中では長浜市の湖北みずどりステーションや高島市の海津大崎、白髭神社などを訪問。代表の小島なぎささん(22)=県立大3年=は「滋賀の人たちの温かさに触れながら、絶景ポイントや観光地が発見できた。今回の活動で得た滋賀の魅力を発信しつつ、国際交流を広めたい」と話していた。

0 件のコメント: