2011年1月18日火曜日

五色百人一首・彦根大会 中地区公民館で、「湖東教育サークルDonDon」主催

 五色百人一首の彦根大会が15日、彦根市大薮町の中地区公民館で開かれ、湖東地区の小学生56人が参加した。

 五色百人一首は、青、黄、緑、オレンジ、ピンクの5色に色分けされており、歌詞をすべてひらがなで記すなど、子どもが親しみ易いように作られている。彦根大会は平成21年から湖東・湖北の小学校の教師で組織された「湖東教育サークルDonDon」が開催。3回目の今年は彦根の9校と東近江の2校からの1~6年生が参加した。
 大会では青と黄の札が用意され、青グループに43人、黄グループに13人が出場。子どもたちは予選を5試合戦い、各グループの上位4人が決勝へ進出。決勝戦はトーナメントで行われ、各上位3人に賞状とメダルが贈られた。
 初めて出場した稲枝西小3年の廣嵜ゆきちゃん(8)は「負けたけど、とても楽しかった。来年に向けて練習したい」と話していた。
 なお上位3人は1月30日に近江神宮で行われる小学生対象の五色百人一首大会への予選が免除される。

0 件のコメント: