2011年1月28日金曜日

「木を生かした製品で癒やし提供」天然木材工房「Kigumi」長浜にオープン

 長浜市室町に、ベテラン職人が木の素材を生かした家具などを販売する天然木材工房「Kigumi」(キグミ)がオープンした。工場と店舗を兼ねた形は珍しく、「自然」派にこだわる夫婦などが県内外から訪れている。
 代表の浅尾年彦さん(47)は長浜市内の材木店の家に生まれ、大学も日大林学科を卒業。東京での2年間の問屋経験を経て、実家に戻って以降、材木店を経営している。
 しかし、樹脂や石油化学製品でコーティングされたり、金具やビスだらけの家や家具があふれていることを憂い、「木の本来の良さを感じてもらえる製品を届けたい」との思いから、昨年11月に約2000平方㍍の敷地に工場を併設した新店舗をオープン。店と工場の境目はガラス張りにし、この道50年の木型職人・長谷川浩さん(66)の技も見学できる=写真
 木材の8割は国内産を使用。製品は机やいす、テレビ置きなど家具のほか、時計やアクセサリー、文具、生活雑貨、ペットグッズなど100種類以上の木製品をそろえており、すべて無塗装か自然素材のオイルで磨き上げている。信楽の陶芸家・今井美奈さん(36)の食器なども置いている。
 浅尾さんは「木そのものを生かした製品を提供することで、その空間が憩いの場となり、癒しを与えることもできる。こだわりの素材と長年培われてきた職人の技を見てほしい」と話している。開店は午前10時~午後8時。問い合わせは同店ホームページ(http://ki-gumi.com/)か℡0749(50)3097。

0 件のコメント: