2011年1月26日水曜日

滋賀県銃剣道連盟 滋賀県護国神社で新春の奉納、九徳塾の少年少女が形披露

 滋賀県銃剣道連盟は23日、彦根市尾末町の県護国神社で新春の奉納を営み、彦根と長浜でけいこをしている「九徳(くとく)塾」の少年少女らが形を披露した。
 平成19年から営んでいる行事で、5回目の今年は九徳塾の小中学生15人のほか、今津町銃剣道スポーツ少年団のメンバーを加えた計20人が、濃紺の道着とはかま姿で参加。
 神社内の拝殿で、神事に参列した後、長さ約1㍍30㌢の木銃を前に出しながら、「やぁー」の掛け声と共に4種類の突きの形を披露していた。

0 件のコメント: