2011年3月17日木曜日

彦根の中村憲一さん自宅に写真工房兼用ギャラリー「アトリエのだ山」、作品展

 彦根市野田山町の中村憲一(のりかず)さん(64)が、自宅にギャラリー「アトリエのだ山」を完成させ、作品展の第1弾として中村さん撮影の写真を18日から展示する。20日には自宅の枝垂れ梅の下でコンサートも開く。
 中村さんは昨年3月に会社を退職した後、彦根に帰郷。カメラ歴約40年の腕前で、全日本山岳写真協会にも所属しており、山や近畿各地の風景を写真に収めてきた。昨年9月からは自宅の約30平方㍍の敷地に、写真工房を兼ねたギャラリーを建て始め、昨年末に完成させた。
 アトリエでの個展は初めて。「湖国、癒やしの風景」をテーマに、玄宮園から見た雪景色の彦根城天守、桜が湖面に浮かんだ八幡堀、伊吹山を背景に師走の柿の木などを撮影した写真18点を展示する。23日までの午前10時~午後5時。コンサートでは女性3人がピアノとフルートで春の曲を演奏する。入場無料。
 中村さんは「写真だけでなく、ほかの芸術作品の展示にも使ってほしい」と話している。問い合わせは中村さん℡090(1956)8733へ。

0 件のコメント: