2011年3月12日土曜日

東北・関東大震災の被災者救援で救助隊員・医療チーム・給水車を派遣、彦根市

 11日に発生した東北・関東大震災の被災者救援のため、彦根市は11日夜から12日にかけて、救助と治療、給水を行う担当者を現地に派遣した。
 派遣されたのは、市消防本部から救助隊員10人とタンク車・災害対策車・救急車1台ずつ、市立病院から医師・看護師2人ずつ・臨床工学技士1人、水道部から給水車1台と職員2人。ほかに被災者が搬送された際に受け入れるベッドも3床用意した。

2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

被災地である神戸市は12日芦屋市は14日(物資なし)に 出発しています。
発生当日他市に先駆けいち早く駆けつけられた彦根市の方々大変立派だと思います。

匿名 さんのコメント...

彦根市が早々に救援活動しているようで安心しました。去年、芦屋より転居してきましたので、先のコメントを読み恥ずかしく思いました。継続した支援が出来ますように。