2012年7月19日木曜日

オオトックリイチゴもうすぐ果実

 彦根城の天秤櫓近くのオオトックリイチゴ(市指定文化財)が果実を実らせつつある。
 オオトックリイチゴはバラ科キイチゴ属の一種で、ナワシロイチゴとトックリイチゴの自然雑種。発見者は日本の植物学の父とも称される牧野富太郎(1862~1957)と、イチョウの精子を発見したことで知られる平瀬作五郎(1856~1925)。市教委文化財課によると、彦根城以外では知られていない固有の植物だという。
 牧野が明治27年(1894)11月に、伊吹山で植物採集をした帰りに彦根城に立ち寄り、表御殿跡(現・彦根城博物館)で発見。同34年7月と翌年6月に、彦根尋常中学校(現・彦根東高)に在職していた平瀬が牧野の依頼で標本を作成。牧野は新種と判断した。
 彦根城博物館内の方は非公開だが、平成元年に株分けされた天秤櫓近くは公開されている。同20年7月に誤って一部が切断されたが、木の根元に腐葉土を散布したり、挿し木などで対処し再生した。平成19年1月25日に市指定文化財になっている。

0 件のコメント: