2012年7月30日月曜日

パナソニック シェーバー新製品LAMDASH(ラムダッシュ)彦根工場で発表

 パナソニックは25日、彦根工場(岡町)で製造するメンズシェーバーの新製品「ラムダッシュ」の説明会を行った。「メイド イン 彦根」をキャッチフレーズに全国販売されるほか、2000人限定のハードケースには彦根仏壇の技も活用している。
 昭和37年に操業が開始された彦根工場では国内で唯一、シェーバーの開発から製造までを一貫して行っており、国内向けに供給。部品製造の元となる金型作りから製造管理、検査まで、繊細な「匠」の技能を用いている。
 新製品は5枚刃シリーズ4機種。接触圧力の分散化の実現で肌への負担を減らしたほか、全自動洗浄充電器の設置面積を3割削減した。9月1日から発売。
 ケースには、彦根仏壇の錺(かざり)金具師・中川豊章さんと蒔絵師・吉田真一郎さんによるチョウの絵柄と製品名「LAMDASH」が金箔でほどこされている。シェーバーの購入者を対象に、8月22日から来年1月10日までに計4回の抽選があり、計2000人の当選者にプレゼント。
 説明会には、市長や彦根仏壇事業協同組合の宮川孝昭理事長、彦根商議所の北村昌造会頭らが出席。ひこにゃんも来場し記念撮影に応じていた。

0 件のコメント: