2012年7月27日金曜日

ゑびすくん銀座芝居小屋で銀座ディナー開始 まちづくり語り合おう

 一緒に食事をしながら彦根市銀座町を中心にしたまちづくりのアイデアを出し合う「銀座ディナー」が、21日から同町のゑびすくん銀座芝居小屋で始まった。
 彦根銀座街商業協同組合の加盟店はピーク時が105店だったが、現在は45店まで減少。同組合では組合員とその家族らをメンバーとし、メンバーの友人・知り合いをビジターとして、一緒に夕食をとりながら銀座街などの振興策を毎週第3土曜日に話し合うことに。
 安居秀泰理事長は「銀座街以外の学生からお年寄りまで幅広い方に参加してもらい、今後の新しい展開につながっていければ」と話している。
 食事と飲み物(アルコール・ソフトドリンク)付きでメンバー1000円、ビジター1500円。追加の飲み物は300円。次回は8月18日午後7時~。申し込みは木・日・祝日以外に銀座街事務所(22)0466。
 彦根銀座街商業協同組合はロンドンオリンピックに出場する日本選手をみんなで応援するため、ゑびすくん銀座芝居小屋に150インチ以上の巨大画面を設置する。設置日時は、サッカー男子予選「対スペイン戦」の26日午後10時~、陸上競技の8月4日午後5時~同9時、サッカー男子決勝の11日午後10時~、男子マラソンの12日午後6時半~。飲み物、つまみの販売も。参加自由。問い合わせは銀座街事務所。

0 件のコメント: