2013年1月11日金曜日

11年間熟成の古酒・大老 多賀が製造、ラベルは上木淳吉さん書く

 清酒醸造業の多賀(多賀町中川原)は、11年間熟成させた古酒「大老」を製造。県内の小売店で販売している。
 じっくりとねかせたこはく色の酒で、まろやかな口当たりが特徴。冷やでも燗でもおいしく味わうことができる。アイスクリームにかけるとより深みのあるデザートになるという。
 多賀では「お気に入りのスイーツにプラスして、いつもと違う至福の時間を楽しんでほしい。フナずしにも合う」とPRしている。720㍉㍑・2000円。アルコール度は14・5%。通販あり。
 商品名の「大老」は、井伊直弼にちなんで命名。ラベルの文字は彦根市内の書道家・上木淳吉さん(69)が書いた。

0 件のコメント: