2013年1月11日金曜日

華道・翠香流 彦根城博物館前に大生け花

 華道・翠香流は新年を祝い、彦根城博物館前に大いけ花(高さ約2㍍・幅約3㍍)を15日まで展示している。
 今年のテーマは干支(えと)にかけて「巳望(のぞみ)」。今年は伊勢神宮と出雲大社が共に式年遷宮を迎えることから、「大いなる常若(とこわか)の力で私たちを守っていただき、巳年に望みをかけましょう」という思いを込めて、昨年末に4日間かけて仕上げた。
 松やアマリリス、西洋杉などが使われ、後ろには昨年の正月に天守閣に飾られたしめ縄を再利用した作品を展示。また周りは城内の竹で囲んでいる。

0 件のコメント: